顔面神経麻痺と東洋医学の鍼灸治療

顔面神経麻痺の鍼灸治療について

顔面神経

当院は顔面神経麻痺に対して最も得意とする疾患の一つに挙げられ、鍼灸治療に力を入れております。20年以上の顔面神経麻痺の鍼灸治療の経験と実績があります。初診から治癒するまで院長が担当しています。常にベストな鍼灸治療をご提供いたします。一人一人の症状と体質に合わせた鍼治療を行い、安心・安全な鍼治療を受けられます。鍼灸で麻痺の患者様の自然治癒力を引き出すことで神経麻痺をより早く回復し、症状改善や後遺症の予防などの効果をあげていることがありますので、お気軽にご相談ください。顔面神経麻痺の鍼灸治療は西洋医学との組み合わせにより相乗効果も認められます。症状や発症時期などにもよりますが、病院で処方されたステロイド、ビタミン剤などの服用を続けながら、それらと並行して鍼灸治療を受けていただいています。顔面神経麻痺は早期に完治すれば後遺症を残さないか、もしくは軽度にとどめられる可能性が高い病気です。免疫力や体力を高めて、治そうという気持ちを強くもち、常に前向きな姿勢で臨むことによって、自然治癒力が高まり、麻痺の回復につながります。

鍼灸治療の時期などについて

顔面神経麻痺の治療法

顔面神経麻痺は自然に治ることもあります。しかし、麻痺の程度や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。顔面神経麻痺は早期治療が大切な病気ですので、一般的に発症して一周間前後から鍼灸治療するのがベストだと言われています。発症初期は病院と並行しての鍼灸治療をお勧めします。鍼灸はすぐれた治療法ですが、効果は100%であるとはいいきれません。症状や場合によっては、専門病院の医師の治療と併用して頂くことにより、相乗効果も認められます。

院長が顔面神経麻痺ついてテレビで解説

顔面神経麻痺についてテレビで解説

顔面神経麻痺に対して鍼灸院によって様々な鍼治療法がありますので、まず治療経験豊富な鍼灸師を慎重に選んだほうがいいでしょう。大勢の顔面麻痺の方を鍼治療してきた鍼灸師はよりよい効果をあげやすいといえるでしょう。症状や発病の時期によって治療法が変わることがあります。例えば発症の初中期は低周波を使っての電気鍼など強い刺激は避けるべきです。病的な共同運動など後遺症が出現しやすくなることがあります。鍼灸は主に自然治癒力を活かして、麻痺された神経を早期回復することに主眼がおかれます。

顔面神経麻痺とはどんな病気か?

ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態のことをいいます。洗顔するとき目に水や石鹸が入っても、目が閉じられません。また眼が乾燥したり、ゴロゴロ痛くなることもあります。口が閉じられないため水を飲むとこぼれたり、うまく食事ができなかったりします。鏡でみると顔が左右の高さが違って、口元が歪んでいます。顔の表情、目、口の症状のほかに、味がおかしい、ツバがでにくい、耳が聞こえ方がいつもと違い、音が響きなどの訴えも出てきます。耳痛や首痛、肩こりと言った症状もみられることがあります。
mahi-a
顔面神経麻痺が完治することが多いですが、診断や治療が遅れた場合や、重度の麻痺は、後遺症が残ります。なるべく早く正しい治療法を入れて、後遺症の予防をするためにリハビリが必要になります。顔面神経麻痺の症状が軽い例でも、社会的に消極的になりがちで、精神的にもダメージの大きい病気です。後遺症が残すかどうかの予後診断が難しいことから、治療が遅れたり、誤った治療法によって、症状を長引かせ、かえって悪化させてしまうことはあります。正しい知識に基づいた治療が必要です。鍼灸治療も一つの選択肢として考えてみてもよろしいかと思います。このサイトは顔面神経麻痺を克服するための一助となれば幸いです。

顔面神経ってどんな神経ですか?

顔面神経は左右の脳幹から内耳道、中耳腔を通って顔面に出る脳神経の一つです。広い意味で言うと運動神経、分泌副交感神経、味覚神経によって構成されいます。  まず運動神経について。この神経は顔面表情筋を支配する神経です。表情筋は人間の表情を作り出す筋肉です。おでこ、眉、目の周り、口、頬、鼻などいろいろな方向に動かす筋肉が23個あります。顔面神経によりこれらの筋肉を動かして、笑、怒り、悲しみ、驚き、などの感情が多彩な表情を作り出れます。運動神経が損傷されると、表情を動かす脳から指令がうまく伝わらなくなり、顔の表情を作り出せなくなります。要するに顔面神経麻痺になったわけです。 涙腺、舌下腺などに分布する副交感神経で、舌の前部分味覚を支配する知覚神経があります。アブミ骨筋神経は運動神経の分枝して分布します。顔面神経が損傷されると、特に重症の場合は顔面表情筋の動き以外も味覚、涙、聴覚過敏などさまざまな症状が現れることがあります。

顔面神経麻痺

末梢性顔面神経麻痺の原因

多くの末梢性顔面神経麻痺の原因はまだ不明ですが、以前から局所浮腫(きょくしょふしゅ)、虚血、感染、寒冷、末梢血管障害などが原因として推察されてきました。最近は、その多くがウイルス感染を原因としているものと考えられます。原因ウイルスとして指摘されてきたのは単純ヘルペスⅠ型(HSV-1)の再発性化が原因であることと言われます。過去にウイルスが体内に侵入し、体内に潜んでいて、ストレスや疲労、慢性疾患などによる一時的に体力や免疫力の低下を機に、再びに活動し始めることによって、顔面神経を侵されて炎症を生じて腫脹し、狭い顔面神経管の中で圧迫されます。顔面神経の虚血を進め浮腫を増悪させ、神経の腫脹がさらに進行します。この悪循環により神経障害をもたらし、麻痺が現れると考えられています。臨床で一番多く見られるのがベル麻痺です。

顔面神麻痺経の症状

  • 麻痺側の前額郡の「シワ」がなくなり、又「シワ」を作ることが出来ない。
  • 閉眼が不十分、閉眼を命じると眼球が上方に回転するベル現象を呈す。
  • 口笛が上手く吹けない。うがいができない。
  • 神経麻痺側の鼻唇溝は平坦となり、口角は垂れ下がる。
  • 神経麻痺側の舌の前2/3の味覚障害がでることがある。
  • 涙液分泌障害、唾液分泌障害など。
  • 耳が痛い、高い音や自分の声が響くなど症状。
  • 平衡感覚の異常を呈することもある。(ラムゼイ・ハント症候群の場合

顔面神経麻痺の主な分類

ベル麻痺

ベル麻痺の主な原因は単純性ヘルペスウイルスにより発症したと言われています。何らかの原因により神経細胞内でヘルペスウイルスが増殖し、その結果、神経線維の炎症が起こり側頭骨内で顔面神経が腫れることにより、突然に顔面の麻痺が生じます。原因としては、疲労や冷たい風、ストレス、妊娠などが知られていいますが、ベル麻痺では原因がはっきりしないことも多く、特発性麻痺とも呼ばれます。ベル麻痺は末梢性の顔面神経麻痺の中の最も多いケースですが、原因不明の麻痺は通称「ベル麻痺」です。ベル麻痺は、顔面麻痺全体の70%ほどを占めます。ベル麻痺全体の8割の程度は1年以内にほとんど後遺症を残さずに治りますが、残りの1割に異常共同運動を伴う後遺症が残ります。

ラムゼイ・ハント症候群

耳を中心におこったこの水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)のことです。このウイルスは、水ぼうそうが治った後もからだのいろいろな神経節の中に潜んでいます。まだ原因ははっきりとわかっていませんが、疲労、精神的ストレス、日光照射、発熱などの刺激や、糖尿病の悪化、などをきっかけに再活性化にともない顔面神経が傷害されて発症すると言われています。ハント症候群はベル麻痺とともに末梢性顔面神経麻痺の2大原因の一つで、顔面麻痺全体の10%ほどを占めます。主な症状は、耳の周辺の発赤と水ぶくれ、のどの痛み、耳鳴りなどで、ベル麻痺と区別がつきやすいものですが、ベル麻痺かハント症候群か区別のつかないこともあります。ハント症候群はベル麻痺とともに末梢性顔面神経麻痺の2大原因の一つで、顔面麻痺全体の10%ほどを占めます。ちなみに、ベル麻痺は全体の約70%程度です。

外傷性と中枢性顔面神経麻痺

外傷性顔面神経麻痺について

外傷による顔面神経麻痺の原因としては、交通事故が最も多く、次いで、脳腫瘍の手術、転落事故やスポーツ外傷などとなります。顔面神経の損傷は側頭骨錐体部と乳様突起部の骨折によって生じるものが多く、受傷直後に発生する早発性のものと、受傷後3~7日を経過してから発生する遅発性のものがあります。外傷性顔神麻痺の予後はその麻痺の発生時期で異なり、受傷直後に発生したものは予後がよくなく、遅発性の場合は、自然治癒するものが多く、予後良好と言われています。 早発性のものは、受傷時の骨折により顔面神経が損傷を受けることによって生じ、遅発性のものは、顔面神経の浮腫や血腫が原因であるようです。側頭骨骨折が起こるほど強い衝撃が加わると、顔面神経管内の神経が捻挫により過度に伸びたり、出血や腫脹をきたして顔面神経麻痺が生じます。

中枢性顔面神経麻痺について

中枢性顔面神経麻痺は脳腫瘍、脳梗塞等の合併症に多く見られます。 核上性顔面神経麻痺ともいわれます。大脳皮質から皮質延髄路、皮質網様体路など、顔面神経核に至るまでに原因がある場合に起こる顔面神経麻痺の総称です。末梢性の麻痺に比べて著明な顔面麻痺はありませんが、顔面部以外にも片麻痺など四肢の神経症状を伴うことが多く、脳卒中の発作後、または後遺症として、しばしば身体に運動麻痺が起こるのは、大脳皮質に局在する運動中枢が障害を受けるためです。中枢性顔面神経麻痺と末梢性顔面麻痺との識別麻痺している側の額のしわをつくることができます。

中枢性顔面神経麻痺の主な症状

  • 対側前頭筋がほとんど障害されない。上方視に際にシワを作ることができる。
  • 目周りの筋肉(眼輪筋)が麻痺がされないかあってもきわめて軽い。
  • 腱側と麻痺側の両目が閉じることが可能である。
  • 口周りを中心に両側の筋肉(口輪筋)が障害されることが多い。
  • 顔面麻痺以外の症状がでる。

外傷性と中枢性の顔面神経麻痺の鍼灸治療について

外傷性顔面神経麻痺に対して、まず、病院で対症療法を行い、麻痺をひき起すものを取り除きます。遅発性の外傷性麻痺は鍼灸治療の適応症となります。また病院で保存療法と言われた場合は鍼灸治療もお勧めで、鍼灸によりよい効果を上げられます。
中枢性顔面神経麻痺は脳梗塞、脳内出血など重篤な疾患が考えられますので、CTやMRIの検査を行い、速やかな専門医への受診と治療が必要となります。症状が落ち着いてきて、退院してからリハビリをしながら鍼灸治療をスタートすればよいです。顔面麻痺以外の後遺症も治療できます。症状が軽い場合は鍼灸の効果が期待できると思います。